男性への心臓マッサージやAEDを使った救命活動を振り返る5人(京都市下京区・藤井大丸前)

男性への心臓マッサージやAEDを使った救命活動を振り返る5人(京都市下京区・藤井大丸前)

 京都市消防局下京消防署は21日、下京区の百貨店「藤井大丸」前の歩道で倒れた50代の会社員男性の救命に尽力したとして、同区の介護福祉士小長谷真由子さん(44)ら女性5人と、自動体外式除細動器(AED)を貸し出した藤井大丸に感謝状を贈った。

 ほかに表彰されたのは、アルバイト八木くるみさん(23)=同区、保育士の後藤奈美さん(22)=向日市=と橋本夏海さん(24)=中京区、同社社員で看護師の岡澤安里さん(56)。
 小長谷さんは4月1日午後6時15分ごろ、四条通の歩道で男性が突然倒れたのに気づいた。当時は新型コロナウイルス感染拡大で人と人の接触が懸念されていた時期だったが、「息がない。とりあえず助けなきゃ」と考えて、迷うことなく心臓マッサージを始めた。
 偶然通りがかった八木さんが店内にAEDを取りに行き、後藤さんと橋本さんが電気ショックを施した。岡澤さんも心臓マッサージに加わり、約5分後に救急隊に引き継いだ。現在、男性は回復して仕事に復帰している。
 贈呈式が藤井大丸前であり、感謝状を受け取った5人は「命が助かり良かった」「お役に立てて何よりです」と控えめに口をそろえた。