水晶浜に打ち上げられたごみを拾う参加者(京丹後市網野町小浜)

水晶浜に打ち上げられたごみを拾う参加者(京丹後市網野町小浜)

 海洋漂着ごみを回収する清掃作業が21日、京都府京丹後市網野町小浜の水晶浜で行われた。参加した約50人が、漁具やプラスチック片などトラック2台分のごみを集めた。

 水晶浜は石英砂が美しい砂浜だが、漂着ごみが堆積しやすいという。清掃は、地元で旅館を営む守山倫明さん(61)と民宿を営む丸田智代子さん(59)が企画。地元住民や漁業者、サーファーなどが参加し、京阪神から訪れた人もいた。
 砂浜までは車の乗り入れができないため、当初は船やカヌー、スタンドアップパドルボードで、海からごみを搬出する予定だったが、波が高いため変更。ビンやペットボトル、漁業用かごなどを拾った後、車までバケツリレー方式で手際よく運んだ。
 家族で参加した小学1年の女児(6)は「はじめはごみがいっぱいだった。地元の砂浜がきれいになってうれしい」と話していた。