北大路駅の交差点から東と西、どちらに歩いても魅力的で小さなお店がたくさんある。今年に入って閉店してしまったアイスクリーム屋さんやお蕎麦(そば)屋さん、有名なグリルはせがわ、ずっと気になっているのになかなか開いてないステーキ屋さん、どこも惹(ひ)かれてしまうのだが、その中で僕のお気に入りは洋食GENPEというお店だ。

 この風変わりな店名に負けず劣らず可愛(かわい)いご夫婦が作る料理は、他のどんなお店の料理よりもとても優しくて柔らかくてとても美味(おい)しいのだ。チキンカツはもちろんポークステーキにハンバーグ、どれもこれも一度食べるとまたすぐに「あー、ゲンペのご飯食べたいなー」となってしまう。

 毎日だって食べられる優しくて素朴な味、その鍵はデミグラスソースにあるんじゃないかと思っている。チキンカツをはじめいろいろなメニューにかかっているこのソース、どこにでもある普通のソースのような見た目だけど実はこいつがめちゃくちゃ美味(うま)いのだ。酸味とコク、塩加減のバランスが本当にちょうどぴったりでどこにもない。その魅力とお店を切り盛りする2人につられて北大路へと自転車をこぐのです。