<日曜日のごちそう 森下美津子>


【材料】(作りやすい量)

サクランボ    1パック
グラニュー糖
レモン汁    大さじ1/2~


【作り方】

(1)サクランボは洗って軸を取り、種を取り出す。種取りの道具がなければ、縦半分に包丁で切り込みを入れ、二つに割って中の種を取り出す。
(2)サクランボの重さを量る。サクランボの重さ×0.3がグラニュー糖の量。グラニュー糖を計量する。
(3)鍋に水100ミリリットルとグラニュー糖を入れ、火にかける。グラニュー糖が溶けたらサクランボを入れ、沸騰してきたらていねいにあくをすくう。
(4)あくが減ってきたらレモン汁を加え、ひと煮立ちさせる。味をみてレモン汁の量を調整する。
(5)好みの濃度まで煮詰めて火を止める。最後に残っているあくをすくう。


【ワンポイント】

 サクランボはあくの量が多い果物です。すくうのに時間がかかりそうなときは、途中で火を止めて煮詰まりすぎないようにしましょう。


◆森下美津子 もりした・みつこ 静岡県浜松市生まれ。インテリアデザインの仕事を経て料理家に転身。2003年から京都市内で、パンや料理の教室「日曜日のごちそう」を主宰、ジャムや焼き菓子制作も手掛ける。右京区在住。http://dimanche.cocotte.jp