学生の頃から通った京都シネマがあるCOCON烏丸というビルに、去年から毎週通うようになった。新風館がなくなっても、四条河原町の本屋さんがなくなっても、大好きな巴里が閉店してしまっても、この建物は今も変わらないままだ。

 α-stationでレギュラー番組『ムーンライズ・キングダム』が始まって1年がたつ。好きなレコードをかけて最近見た映画を紹介する。雑誌には載らないような洋食屋さんや喫茶店の話をして、最後にまた好きなレコードに針を落とす。水曜日の23時から1時間、好きなものだけを並べた愛(いと)おしい時間がずっと続けばいいな、と思う。

 変わっていくことの素晴らしさと変わらずにそこにあることの愛おしさ。それはもしかしたら「京都」という町にとって、永遠のテーマなのかも。

 京都シネマがある階には、通っていた大学の学生の作品を販売するお店もある。これまでに見てきた映画や聴いてきた音楽、長い時間を過ごした場所とそこで出会った人や物、そういったものが詰まっているこの場所から、来週もまた水曜日の夜には、僕たち4人の電波があなたの家のラジオに届くのです。