まだ僕が大学生のころ、北山には3階建てのヴィレッジヴァンガードがあって、ピザ宅配のバイト終わりに松ケ崎のTSUTAYAとセットでよく通っていた。

 夜になると辺りが真っ暗になる町に帰るまでの少しの間、音楽雑誌や変テコな写真集、クイック・ジャパンの新しい号やお笑い芸人やミュージシャンの本なんかをぼーっと読んでいた時間はあのころの僕にとってとても大事な時間だった。

 そして今は和食レストランに変わってしまったその場所の向かいに、信じられないほど美味(おい)しいチーズナンを出すお店がある。

 ナマステタージマハルはチェーン店だけど、なぜかここ北山店のチーズナンは特別で、他のどんなお店のナンよりも美味しい。チーズナンは名前もそのまま、ナンにたっぷりの溶けたチーズが入ってるだけのシンプルなものなのだけど、これがもうなんとも美味しくてたまらないのだ。

 もちろんナンだけじゃなく、カレー(週替わりの特別メニューもある!)もタンドリーチキンもどれも美味しいし、なにより店員のインド人のみんなが本当に優しくて明るくて良い人たちで、またすぐにでも会いに行きたくなってしまう。