「さすてな京都」の敷地内で咲いたハート型のアジサイ=京都市伏見区

「さすてな京都」の敷地内で咲いたハート型のアジサイ=京都市伏見区

 京都市伏見区横大路の市南部クリーンセンター内にある環境学習施設「さすてな京都」の敷地で、ハート型のアジサイが花を咲かせている。約2万株が庭園を彩る宇治市の三室戸寺が有名だが、同施設は「負けていない」とPRしている。

 昨年10月の施設開業に合わせ、北側と東側の約300メートルを「アジサイの小径」として整備し、8種類約1万8千株を植えた。現在は主にセイヨウアジサイが見ごろで、青や赤、紫など色とりどりの花が見られる。
 同施設によると、雨などで花の一部が下を向くと、ハートのような形状になりやすいという。「6月は環境月間でもあり、アジサイをきっかけに環境への意識を高めてほしい」とする。午前9時から午後4時半(土日祝日は午後5時)まで無料で見学できる。