金属フェンスを突き破って落下した後、引き上げられた乗用車。右の民家の塀に激突した(1日午後5時ごろ、栗東市上鈎)

金属フェンスを突き破って落下した後、引き上げられた乗用車。右の民家の塀に激突した(1日午後5時ごろ、栗東市上鈎)

 1日午後1時55分ごろ、滋賀県栗東市上鈎の自動車販売店「アウディ栗東」で、駐車場の乗用車が急発進し、店のフェンスを突き破って、近くにいた隣家の男性会社員(44)に衝突した。男性は意識不明の重体。
 草津署によると、車は店の試乗車で、販売員(29)が客にエンジン音を聞かせるためアクセルを踏んだところ急発進した。パーキングブレーキはかけられていたが、ギアがドライブに入っていたのに販売員が気付かなかったという。
 男性は両親や妻と庭の手入れをしており、自宅ブロック塀の外から木の剪定(せんてい)をしていた。店の敷地は高さが約1・5メートルあり、車は車体前方が落下するような形で止まった。男性は車とブロック塀に挟まれたという。
 男性の母(68)は「突然、バシャンという大きな音がした。レッカー車が自動車を引き上げるまで息子を救出することもできなかった」と話した。