名前が「令明」に決まり一般公開されたレッサーパンダの赤ちゃん(京都府福知山市猪崎・福知山市動物園)

名前が「令明」に決まり一般公開されたレッサーパンダの赤ちゃん(京都府福知山市猪崎・福知山市動物園)

名前が「令明」に決まり一般公開されたレッサーパンダの赤ちゃん(京都府福知山市猪崎・福知山市動物園)

名前が「令明」に決まり一般公開されたレッサーパンダの赤ちゃん(京都府福知山市猪崎・福知山市動物園)

 福知山市動物園(京都府福知山市猪崎)で7月に誕生したレッサーパンダの雄の赤ちゃんの名前が「令明(れいめい)」に決まった。このほど同園で発表と一般公開が行われ、来園者が愛くるしい姿に歓声を上げた。
 令明はしらたま(雌、6歳)とキャラ(雄、6歳)の間に7月10日に生まれた。公募で全国から寄せられた710点の中で多く使われていた「令」と、地元ゆかりの明智光秀の「明」を組み合わせた令明を選んだ。
 この日は、園舎前で二本松俊邦園長が「令明」と書かれた紙を掲げ、発表した。名付け親となった兵庫県西宮市の会社員の男性(46)らには賞状が贈られた。
 令明の発育は順調で、現在、体重1400グラム、体長36センチに成長。一般公開で赤ちゃんが姿を見せると、待ち構えていた家族連れや愛好家から「かわいい」と声が上がった。母親のしらたまと触れ合う姿も見られ、カメラで盛んに写真を撮っていた。
 大阪市から家族5人で訪れた女児(6)は「レッサーパンダの赤ちゃんは初めて見た。かわいかった」と笑顔だった。