海上自衛隊舞鶴地方総監部は25日、不倫相手の女性に護衛艦に関する情報を漏らしたとして、護衛艦「みょうこう」の男性3等海曹(34)を停職6日の懲戒処分にしたと発表した。

 総監部によると、3等海曹は2017年6月ごろから10月ごろまでの間、当時所属していた護衛艦の修理日程に関する情報を女性に無料通話アプリLINE(ライン)で複数回送信した。情報は部内規則で取り扱いが「注意」に該当し、重要度は低いが漏えいが禁じられている。

 女性から昨年5月、防衛省に相談があり発覚した。3等海曹は「少しくらいなら影響ないだろうと思った」と話しているという。みょうこうの牧孝行艦長は「再発防止に万全を尽くしたい」とコメントした。