フェンシング少年女子フルーレ決勝 和歌山-京都 相手を攻める京都の竹沢(右)=茨城県水戸市・アダストリアみとアリーナ

フェンシング少年女子フルーレ決勝 和歌山-京都 相手を攻める京都の竹沢(右)=茨城県水戸市・アダストリアみとアリーナ

フェンシング少年男子フルーレ決勝 岐阜-京都 果敢にアタックする京都の飯村(右)=撮影・三木千絵

フェンシング少年男子フルーレ決勝 岐阜-京都 果敢にアタックする京都の飯村(右)=撮影・三木千絵

フェンシング少年女子フルーレ決勝 和歌山-京都 相手を攻める京都の竹沢(右)=水戸市・アダストリアみとアリーナ 撮影・三木千絵

フェンシング少年女子フルーレ決勝 和歌山-京都 相手を攻める京都の竹沢(右)=水戸市・アダストリアみとアリーナ 撮影・三木千絵

少年男子A走り幅跳び決勝 5位に入った京都の藤原(茨城県ひたちなか市・笠松運動公園陸上競技場)=撮影・三木千絵

少年男子A走り幅跳び決勝 5位に入った京都の藤原(茨城県ひたちなか市・笠松運動公園陸上競技場)=撮影・三木千絵

 茨城国体の第9日は6日、茨城県水戸市のアダストリアみとアリーナなどで行われた。フェンシング少年女子フルーレ決勝で京都が2-1で和歌山を破り、2年連続2度目の優勝を果たした。少年男子フルーレ決勝では京都が0-2で岐阜に敗れ、準優勝だった。
 陸上では少年男子A走り幅跳びで藤原孝輝(洛南高)が5位、同5000メートルで三浦龍司(洛南高)が7位に入った。少年男子共通円盤投げで坂(ばん)耀介(花園高)は8位だった。
 地元茨城が45年ぶり2度目の男女総合優勝(天皇杯獲得)を確定。開催都道府県の総合優勝は2年連続となった。