堀場製作所本社(京都市南区)

堀場製作所本社(京都市南区)

 堀場製作所は23日、新型コロナウイルス感染症の抗体を素早く正確に検査する新システム開発を、産業技術総合研究所などと共同で始めると発表した。医療機器の開発で培った知見を生かし、検査装置の実用化を目指す。

 経済産業省などが支援する迅速診断システム開発事業の一環。産総研と大阪大発のバイオベンチャー、ビズジーン(大阪府茨木市)とともに、コロナの抗体を簡便に検査できるシステムを開発する。

 産総研は微量の血液を小型チップに垂らすと、最短15分で高精度に検査ができる免疫測定法を確立している。堀場製はこの技術を活用し、4月に新設した「バイオ・ライフサイエンスプロジェクト」のチームで装置開発を進め、製品化を目指す。