サンガ-愛媛 前半34分、ゴール前に抜け出して先制点を決めるサンガの仙頭(たけびしスタジアム京都)

サンガ-愛媛 前半34分、ゴール前に抜け出して先制点を決めるサンガの仙頭(たけびしスタジアム京都)

 サッカーJ2の第35節は6日、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)ほかで7試合を行い、京都サンガFCは2-2で愛媛と引き分けた。勝ち点59で、5位のまま。

 サンガは前半34分、金久保のスルーパスから仙頭が先制。後半12分にはカウンターから一美が追加した。しかし20分に愛媛の神谷のゴールで詰め寄られると、27分に元サンガの山瀬に頭で決められ、同点に追いつかれた。

 首位柏は3位の横浜FCに0-1で敗れた。勝ち点は柏が69、横浜FCは61。2位の大宮は水戸に3-2で逆転勝ちし、同63に伸ばした。4位山形は千葉を下して同61。