任期満了に伴う京都府舞鶴市長選が27日に告示、2月3日に投開票される。現職の多々見良三氏(68)=自民党、公明党推薦=と新人で共産党舞鶴地区委員長代理の塚﨑泰史氏(43)=共産推薦=がいずれも無所属で立候補を表明しており、2人の対決になる見通し。

 多々見氏は、観光客の増加や舞鶴引揚記念館所蔵資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界の記憶」登録など2期8年の実績を押し出す。観光施策への注力や先端技術を導入した産業振興などを掲げる。

 塚﨑氏は、労働組合や共産などでつくる政治団体「みんなで市民参加の舞鶴をつくる会」が擁立。原発再稼働に反対し、現市政の観光や地域医療政策を批判する。子育てや福祉、防災対策の充実を挙げる。

 22日現在の選挙人名簿登録者数は6万9380人(男性3万4415人、女性3万4965人)。