新型コロナウイルス感染拡大による全国高校総体(インターハイ、IH)中止を受け、京都府高体連の各専門部は23日までに、予選に代わる代替大会について、4競技で開催を決め、15競技で実施に向けて検討している考えを示した。

 ソフトテニスは7~8月、IHの開催地だった福知山市の三段池公園などを会場に実施する。自転車は7月下旬に京都向日町競輪場(向日市)でトラック種目を行う。ソフトボール女子は8月予定の「全京都女子ソフトボール大会」を代替大会と位置づけ、カヌーは8月上旬に京丹後市の久美浜湾で開催する方針。
 一方、競泳は日本水泳連盟が大会を検討しているため、府高体連としては代替大会を実施しない。バレーボールやレスリング、なぎなたも開催を断念した。
 滋賀は陸上や卓球など7競技で「実施する」、十数競技で「実施の方向で検討中」との意向を示している。