「夏越しの大祓」を前にお目見えした茅の輪(八幡市・石清水八幡宮)

「夏越しの大祓」を前にお目見えした茅の輪(八幡市・石清水八幡宮)

 夏本番の到来を前に、八幡市八幡の石清水八幡宮で茅(ち)の輪がお目見えした。30日には夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」が営まれ、参拝者らの無病息災などを祈願する。

 茅の輪は15日に設置され、高さは約4メートル。「水無月(みなづき)の夏越の祓(はらへ)する人は千歳(ちとせ)の命延(の)ぶといふなり」との和歌を唱えながら8の字に3度くぐると、心身が清められるとされる。

 大祓は南総門前で30日午後3時ごろから。神事後、参拝者が息を吹きかけるなどしてけがれを移した人形の紙「ひとがた」を、木津川に流して清める。新型コロナウイルスの感染防止のため、参列者にはマスクの着用や距離の確保を求めるという。