降りしきる雪のなか試験会場に向かう受験生ら(26日午前9時25分、京都市北区・京都産業大)

降りしきる雪のなか試験会場に向かう受験生ら(26日午前9時25分、京都市北区・京都産業大)

 京都地方気象台は26日、京都市や亀岡、京丹波、福知山、舞鶴、丹後地域に大雪警報を発令した。 27日明け方までの大雪に警戒を呼び掛けている。

 舞鶴市で24時間最大降雪量は平地で40センチ、山地で60センチと予想。京都市内の予想24時間最大降雪量は山地で60センチ。府南部の平地で2センチ。風雪や波浪にも注意を呼び掛けている。

 京都地方気象台によると、強い冬型の気圧配置は27日も続き、府北部を中心に断続的に雪やみぞれが降る見込み。

 26日は京都や滋賀で私立大入試が本格化し、雪が降りしきるなか、受験生は会場入り。京都市北区の京産大では4月に新設される国際関係学部など10学部の入試に約1600人が臨んだ。