「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の画像

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の画像

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のメイン画像

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のメイン画像

 京都アニメーション(京都府宇治市)の新作映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の公開日が9月18日に決まった。もともと今年1月に封切り予定だったが、昨年7月の放火殺人事件の被害を受けて今年4月に延期。さらに新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、再延期していた。

 新作のスタッフには、美術監督の渡邊美希子さんや小物設定の高橋博行さんら放火殺人事件の犠牲者も名を連ねている。事件後もスタッフが製作を続けていた。

 京アニは「スタッフ一同並々ならぬ思いを持って作り上げた作品でございます。公開がかないました折りには、どうぞ皆様お誘いあわせの上、ご鑑賞いただけますと幸いです」と呼び掛けていた。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、感情のない少女兵として戦った過去を持つ主人公の少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが戦後、人々の手紙を代筆する仕事を学び、自らも人として「愛している」の意味を学ぶストーリー。

 テレビアニメとして2018年に放映されたのに続き、昨年9月には番外編の映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」を公開していた。