再現された東門駅の駅名標。かつては中舞鶴線の線路が通っていた(京都府舞鶴市北吸)

再現された東門駅の駅名標。かつては中舞鶴線の線路が通っていた(京都府舞鶴市北吸)

かつての北吸駅や駅名標の写真を紹介する「まいづる智恵蔵」の展示(京都府舞鶴市北吸)

かつての北吸駅や駅名標の写真を紹介する「まいづる智恵蔵」の展示(京都府舞鶴市北吸)

 明治時代に開設されて廃線になった旧日本国有鉄道・中舞鶴線の東門駅(戦後は北吸駅に改称)の駅名標を、京都府舞鶴市が同市北吸に再現した。旧海軍施設のために敷設され、後に民間人も利用できるようになった歴史があり、市は軍港としての発展を支えた同線の駅の存在を後世に伝えていく、としている。

 舞鶴には1901年、旧海軍舞鶴鎮守府が開庁。舞鶴線支線の中舞鶴線は日露戦争が開戦した04年に新舞鶴駅(現・東舞鶴駅)からの軍港引き込み線として設置され、舞鶴鎮守府の兵員や軍需資材輸送に使われた。

 19年に民間人も利用できる鉄道として開業して終点に中舞鶴駅が設けられ、鎮守府の門があった付近に東門駅ができた。46年に北吸駅と改称し、市役所前にあることから多くの市民が利用したが、72年に廃線となった。

 現在、線路跡の一部は自転車歩行者専用の市道として整備され、レンガ造りの北吸トンネルは国の登録有形文化財となっている。

 駅名標は縦1・8メートル、横1・4メートルの木製。白を基調に駅名を黒字で記した旧国鉄に倣ったデザインで、駅のホームがあった東門公園脇に作った。片面には「とうもん(東門)」、もう片面には「きたすい(北吸)」と駅名を記し、それぞれ隣接する当時の駅名も併記した。

 舞鶴市土木課は「駅があったことを知らない人も多くなった。駅名標を通じて明治の近代化を支え、市民の身近な交通手段として利用されてきた歴史を感じてほしい」としている。