滋賀県庁で見つかった古関裕而の自筆楽譜(大津市京町4丁目・県庁)

滋賀県庁で見つかった古関裕而の自筆楽譜(大津市京町4丁目・県庁)

 NHK連続テレビ小説「エール」主人公のモデルとなった作曲家古関裕而(こせきゆうじ)(1909~89年)が54年作曲した「滋賀県民の歌」の自筆楽譜が、滋賀県庁(大津市京町4丁目)でこのほど見つかった。古関が曲名から音符まで手書きした楽譜で、人知れず眠っていた。26日から県庁で展示する。

 古関は戦前から戦後にかけて数多くの歌謡作品を手がけたほか、「栄冠は君に輝く」や東京五輪選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」など生涯で約5千曲を作った。「滋賀県民の歌」は、県が歌詞を県民から54年に公募し、作曲を著名な古関に依頼し、同年制定した。

 県広報課職員が、県庁本館の同課内にある棚の奥から、封筒に入った楽譜13枚を6月中旬に見つけた。うち混声4部合唱用の楽譜1枚は曲名と署名、音符の全てが手書きで、福島市古関裕而記念館が筆跡などを調べたところ古関の自筆と分かった。主旋律をつづった楽譜1枚も曲名と署名が自筆だった。

 滋賀県民の歌は「比良の峯ゆく 白い雲 緑に映える 琵琶の水」の歌詞で始まる明るく元気な曲。制定時、古関は「なるべく歌いやすい、多くの人に歌われるような作曲にするよう努めた。これならきっと親しまれると思う」との談話を新聞に残している。

 古関裕而記念館によると、古関は全国で自治体の歌や校歌、社歌を作曲し、依頼者に自筆楽譜を贈っていたという。滋賀関係では旧近江八幡市歌、彦根東高校歌などを作曲している。

 県広報課は「見つけた時は驚いた。県民の歌を知ってもらう機会になれば」としている。楽譜は7月9日までの平日午前8時半~午後5時15分、県庁本館1階県民サロンで展示している。無料。問い合わせは同課077(528)3041。