天皇陛下の即位30周年を祝った「府民の集い」(京都市左京区・京都国際会館)

天皇陛下の即位30周年を祝った「府民の集い」(京都市左京区・京都国際会館)

 天皇陛下の即位30周年を祝う「京都府民の集い」が26日、京都市左京区の国立京都国際会館で催された。府内各地から神職や政党関係者ら約2千人が集まり、まもなく終わる平成の時代に思いをはせた。

 府神社庁などでつくる「天皇陛下御即位三十年京都奉祝委員会」が主催した。元府知事で同委員会の荒巻禎一会長は式辞で、1994年の平安建都1200年式典の際に陛下が「京都は父祖の地」と述べられたエピソードを紹介。「皇室と国民を結ぶ信頼の絆がより一層、強くなってほしい」と話した。

 陛下が上賀茂神社などを訪問された時の写真がスライド上映され、来場者が京都と陛下の関わりに理解を深めた。陸上自衛隊中部方面音楽隊の演奏会などもあり、祝賀ムードを演出した。