天皇皇后両陛下が見守る中、大会宣言をする谷垣氏(左)=東京都千代田区の東京国際フォーラム

天皇皇后両陛下が見守る中、大会宣言をする谷垣氏(左)=東京都千代田区の東京国際フォーラム

 更生保護制度施行70周年記念全国大会が7日、東京都千代田区の東京国際フォーラムであり、全国保護司連盟副理事長を務める谷垣禎一・自民党前総裁が大会宣言を行った。
 1949年に犯罪者予防更生法が施行され、日本で近代的な更生保護制度が始まってから今年で70周年となる。大会には約5千人が訪れ、天皇皇后両陛下や安倍晋三首相も出席した。
 谷垣氏は法相だった経験から更生保護制度に対する関心は高い。大会宣言では制度が日本の良好な治安に果たしてきた役割を示し、「更生保護関係者一同は課せられた責務の重大さをあらためて深く認識し、安全で安心な誰一人取り残さない社会の実現に寄与していくことを誓います」と述べた。