協定書を交換する京都弁護士会の三野会長(左)と西脇知事=京都市上京区・府庁

協定書を交換する京都弁護士会の三野会長(左)と西脇知事=京都市上京区・府庁

 京都府と京都弁護士会は、災害時の連携協定を結んだ。府と弁護士会が連携して被災者が無料の法律相談を受けられる仕組みを整え、復興を後押しする。


 協定は地震や土石流、豪雨、大規模火災などの災害を想定。府は、市町村から要望があった場合などに、弁護士会に無料法律相談の実施を要請する。市役所など相談場所の提供や実施日時の広報を担うなど、円滑に相談の場が設けられるよう支援する。
 上京区の府庁であった締結式で三野岳彦会長は「災害時に情報が集まるのは行政。どこに需要があるか情報を頂き、弁護士を派遣していきたい」と語り、西脇隆俊知事は「復旧復興の段階で法律相談の充実は非常に重要。共に協力し法律相談が受けられる体制を構築したい」と述べた。