壁面に井伊家の家紋が映し出された彦根城多聞櫓(彦根市)

壁面に井伊家の家紋が映し出された彦根城多聞櫓(彦根市)

 彦根城(滋賀県彦根市)や多賀大社(滋賀県多賀町)をライトアップするイベント「城あかり、神あかり」が開かれている。彦根城主だった井伊家にちなんだ照明などが施され、一帯は幻想的な雰囲気を醸し出している。

 イベントは2016年、両市町や商工団体などでつくる「光とアートで発信するブランディング事業 彦根・多賀地域連携組織委員会」が始めた。

 彦根城の佐和口多聞櫓の白壁と石垣には、井伊家の家紋「丸に橘」をプロジェクターで投影。多賀大社では、和楽器の旋律とともに神木の木立が照らし出されるほか、境内の玉砂利にLED電飾が埋め込まれ、会場は淡い光に包まれる。

 多賀大社のライトアップは10月6日まで。彦根城は12月25日まで。それぞれ日没~午後9時。