昨年の秋季滋賀県大会決勝。初めて決勝に進んだ立命館守山に近江が9-0で快勝。3連覇を果たした(皇子山)

昨年の秋季滋賀県大会決勝。初めて決勝に進んだ立命館守山に近江が9-0で快勝。3連覇を果たした(皇子山)

夏季滋賀県高校野球大会のトーナメント表

夏季滋賀県高校野球大会のトーナメント表

 滋賀県高野連は27日、新型コロナウイルスの影響で中止された全国高校野球選手権滋賀大会に代わり独自開催する「夏季滋賀県高校野球大会」(7月18日~8月9日)の組み合わせを発表した。加盟全53校が参加し、出場は49チーム。昨夏の甲子園に出場した近江は24日の2回戦で光泉カトリック(光泉から校名変更)とぶつかる。昨夏の滋賀大会決勝と同じ顔合わせとなった。

 組み合わせは連盟理事による代理抽選で決めた。秋季県大会の上位4校(近江、立命館守山、綾羽、伊香)がシードされ、立命館守山は24日の2回戦で滋賀短大付と対戦する。綾羽は25日の2回戦で伊吹と戦う。部員不足による連合は、湖南農・石部・信楽・甲南と愛知・長浜農の2チーム。

 会場は県内3球場。皇子山と湖東スタジアムで開幕し、準決勝と決勝は彦根。会期は土日祝日の10日間で、決勝は8月9日の予定。開閉会式は行わない。予備日を設けているが、同16日までに日程を消化できなかった場合は複数校が1位となる。上位4校は秋季大会のシード権を得る。

 軟式は2校が出場し、比叡山―瀬田工を7月23日午前10時から守山市民球場で無観客で行う。