宇治市役所(京都府宇治市)

宇治市役所(京都府宇治市)

 京都府宇治市発注の公共工事を巡る談合事件に絡み、宇治市への損害賠償金と遅延損害金の計約4億円が未回収になっている問題で、山本正市長は「6月21日の(京都新聞社の)新聞報道以降、市民や市議に大変ご心配をお掛けしている。本市の対応について反省するところは反省し、今後の方向性を示す必要がある」と、9月30日の市議会9月定例会の一般質問で陳謝した。

 市議は、連帯債務のある業者に対し、催告書を年1度送付しているだけなど市の回収方法のずさんさを指摘。山本市長は報道を受け、専門家らでつくる検討委員会を設けて検証作業を進めているとし、「市として方向性を決定し、債権管理、回収を進めていきたい」と述べた。

 一般質問ではこの他、宇治川の河川改修で派川・塔の川の水量が増え鵜飼開催に影響が出ている問題で、市は「緊急対策として国が上流部に『袋詰め玉石』を設置した。流速が大幅に軽減し、非常に効果があった」とした。

 続く議案審議で、幼児教育・保育の無償化に関連する条例改正案3件が可決された。