京都府向日市の遺体遺棄事件

京都府向日市の遺体遺棄事件

 京都府向日市のアパート駐車場で今年6月、粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかり、住人の男ら3人が逮捕された事件で、死体遺棄罪に問われた向日市職員の男(30)の初公判が2日、京都地裁で開かれた。市職員は起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、生活保護受給者の男(55)=傷害致死罪などで起訴=から金銭交付の要求や長時間の電話対応を強いられ、「面倒を避けるため、生活保護受給者の要求を受け入れるようになった」と指摘した。

 起訴状によると、市職員らは共謀し、6月1日、女性=当時(43)=の遺体をブルーシートなどで覆って隠したとしている。4~5日には3人で共謀し、遺体をシートで包んで大型冷凍庫に入れ、市職員名義で借りたアパート2階の一室に業者を使って運ばせ、11日まで遺体を隠したとしている。

 弁護側は、男が昨年11月から7カ月間にわたり市役所に連日電話でクレームを同職員に入れていたとし、「強い従属関係があり、不当要求などから逃げられない状況で精神的に疲弊していた」と主張、情状を訴えた。