「アベノマスク」が京都市内の我が家に届いたのは、緊急事態宣言が解除された後の5月下旬。既に、品切れが続いていたドラッグストアにマスクが並ぶようになり、妻と子は手作りマスクを着けている。「もう、いらんのやけど…」と思いつつ、せっかく国が無料でくれたのだから、使ってみることにした。1週間連続でアベノマスクを着けてみると-。
 我が家に届いたアベノマスクは縦9・2センチ、横13・3センチ。15層のガーゼが重ね合わせられ、ゴム製のひもがついている。厚生労働省によると、製造元は3社あり、大きさにミリ単位で差がある可能性はあるが、品質や仕様はほぼ同じという。ちなみに、勤務先にあった不織布マスク(京都市の医療系メーカー製)は縦9センチ、横17・5センチ。不織布マスクは折り重なった部分が伸縮するため、中央部では縦13~12センチを覆うことができ、アベノマスクよりもカバー範囲はかなり広い。
 【1日目】
 実際にアベノマスクを着けてみると、思ったほど小さくない。鏡を見ても、安倍晋三首相のように明らかに小さい状態ではないようだ。着け心地は不織布マスクと比べ、やや厚みを感じるが、ほぼ変わり無い。
 しばらくして、長所に気がついた。紙マスクで悩まされていた眼鏡の曇りが発生しない。呼気中の水分を、アベノマスクが吸収してくれているのか。優れものじゃないか!
 一日を終えた。マスク両サイドのゴムを通す部分は少し縮んだが、思ったほどでもない。
 手洗いして干してみた。めちゃくちゃ縮んだらどうしよう。しかし、それは無用の心配でだった。朝には当初の姿をほぼ取り戻し、新品に比べて縦1ミリ、横1ミリの縮みにとどまった。これは意外と使えるんじゃないか-。