京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は、30日に京都府内で大気の状態が不安定になり、激しい雨が降る恐れがあるとして注意を呼びかけている。30日夕方からは土砂災害にも注意が必要といい、雨雲が発達すれば警報を発表する可能性があるとしている。

 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、上空の大気の状態が不安定になって積乱雲が発達し、局地的に雷をともなった激しい雨や突風の可能性があるという。30日午後6時までに予想される雨量は、府南部で80ミリ、府北部で70ミリ。30日に予想される時間雨量は府全域で30ミリ。