京都大

京都大

 京都大は29日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことだけを目的とする研究開発において、大学が所有する特許権の無償開放などを行う方針を発表した。期限は世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)終息宣言を出すか、2022年12月まで。


 同方針では特許権の開放のほか産官学連携として、国内外の民間企業との共同研究支援▽ワクチンや治療薬、検査キットなどの研究開発▽新型コロナに関係する世界の研究トレンドの調査▽研究成果の可能な限りの公表-などを実施するとしている。
 京大産官学連携本部は「新型コロナに関する諸課題に対して積極的に社会貢献する」とする。