よみがえる典雅

「佐竹本三十六歌仙絵 小大君」(重要文化財)奈良・大和文華館蔵=11月6~24日展示
「佐竹本三十六歌仙絵 小大君」(重要文化財)奈良・大和文華館蔵=11月6~24日展示
「佐竹本三十六歌仙絵 源信明」(重要文化財)京都・泉屋博古館=通期展示
「佐竹本三十六歌仙絵 源信明」(重要文化財)京都・泉屋博古館=通期展示

 優れた和歌を残した歌仙を描く「佐竹本三十六歌仙絵」のうち、過去最大の31件をそろえる特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」(京都新聞など主催)が12日、京都市東山区の京都国立博物館で開幕する。価値の高い絵巻を切断する美術史上の「一大事件」から100年。王朝文化の源として、和歌や美術、書などの分野で後世まで注目を集めた三十六歌仙に触れられる。
 三十六歌仙は、平安中期の歌人・藤原公任(きんとう)が選定した飛鳥~平安期を代表する36人の歌人。鎌倉期以降、「似絵(にせえ)」と呼ばれる、各人の特徴を描き分ける肖像画と、歌を組み合わせた歌仙絵が多く描かれるようになった。現存する歌仙絵で最古とされる、今回の「佐竹本」は、13世紀ごろに成立したとみられる。
 佐竹本は、江戸後期に秋田藩主の佐竹家に渡ったため、こう呼ばれる。それ以前は江戸期に下鴨神社にあったという記録が残るが、制作の意図や伝来の経緯は謎に包まれている。
 絵師についても「後鳥羽上皇像」(国宝)など似絵の名手として知られる藤原信実とされるが、定かではない。それでも、衣装や顔の表情にも工夫を凝らした歌仙絵として、「最高峰」の評価が高い。

「三十六人家集」より「重之集」(国宝)12世紀 京都・本願寺=通期展示
「三十六人家集」より「重之集」(国宝)12世紀 京都・本願寺=通期展示

 今からちょうど100年前の大正時代、佐竹本の海外流出を恐れた東京の実業家・益田孝(鈍翁)が「高価すぎて所有できない」として実業家仲間や古美術商らに呼びかけ、2巻の絵巻を住吉大明神の絵を含む計37枚に断簡し、分配した。その後は歌仙絵ごとに保管されたり、転売されたりして今日まで伝えられてきた。最後に一堂に集まったのは1986年に東京の美術館で20点がそろった展示会だった。
 本展では、佐竹本をはじめ、和紙への色彩豊かな装飾や、流麗な崩し字が際立つ「三十六人家集」(国宝)など、国宝5件、重要文化財61件、重要美術品4件を含む137点を展示。数々の逸品を通じ、三十六歌仙の魅力を伝える。