アルコール消毒液を寄贈した三菱製紙の楠田京都工場長(左)=長岡京市役所

アルコール消毒液を寄贈した三菱製紙の楠田京都工場長(左)=長岡京市役所

 三菱製紙はこのほど、自社で製造するアルコール消毒液を、京都工場のある京都府長岡京市の市役所と市社会福祉協議会にそれぞれ寄贈した。

 アルコール消毒液は、新型コロナウイルウイルスの感染拡大で現在も品薄の状況が続いている。同社は、空間や物品の消毒に使用するエタノール消毒液の製造をコロナ禍以降に始めており、市役所に400ミリリットル入りボトル72本、市社協に36本をそれぞれ寄贈した。
 市役所には、楠田康之・京都工場長らが訪れ、中小路健吾市長に製品を手渡した。市と市社協は、関連施設や避難所などの消毒にそれぞれ活用する予定。