ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英さんは、科学者の軍事研究への加担に反対し続ける。原点は幼少期の空襲体験。屋根を突き破った焼夷弾が目の前に。不発弾で助かったが、火の海となった名古屋の町を両親と逃げ回った。現在、防衛省や米軍に協力すれば潤沢な研究費が得られる。益川さんは軍学共同の再来を憂い、「我々科学者が戦争がどういうものか、注意を喚起していく必要がある」と訴える。2017年、77歳の時に本紙取材に語った。

 ◇
 終戦から75年目の夏を迎えます。戦争世代の体験者の証言や記録に触れる機会が減りつつある中で、全国の地方紙と連携しながら本紙と各紙の記者が取材してきた証言を過去の紙面から紹介します。また、戦時中、戦後の貴重な話や資料などの情報をお持ちの方は以下にお寄せ下さい。
 住所、氏名、年齢、連絡先を記載してはがきかファクス075(252)5454で〒604-8577 京都新聞社報道部「戦後75年企画班」へ。