京都大学

京都大学

 京都大iPS細胞研究所の教授の個人宛てメールを無断閲覧したなどとして懲戒解雇処分になったのは無効として、50代の元職員が京大を相手に地位確認と慰謝料など約500万円を求めて京都地裁へ提訴することが分かった。教授からは退職を強要するハラスメントもあったと主張する。3日にも提訴する方針で元職員の代理人弁護士らが明らかにした。京大は「コメントすることはありません」としている。

 提出予定の訴状などによると、元職員は2007年から京大と雇用契約を結んだ。その後、同研究所の教授の下で働いた。しかし17年2月に「来年度雇用できない」と教授から言われ「なんで辞めへんの」と度重なる退職強要を受けたという。19年4月には雇用期限のない契約となったが、その直前にも「このまま居座るつもりなん?」と退職を求められた。その上で今年3月に懲戒解雇処分となったとしている。

 代理人の弁護士は「京大に懲戒解雇の理由の詳細を求めたが十分な回答はなかった」と指摘する。

 京大は3月の発表で元職員が17~19年度、機密情報の記載された教授宛てのメールを閲覧し、教授の机から機密書類を持ち出しデータを取得したなどと説明していた。