フジテックが機能を強化したエレベーターの非接触ボタン

フジテックが機能を強化したエレベーターの非接触ボタン

 フジテックは、自社製エレベーターの特別仕様として用意した「非接触ボタン」の売り込みを強化する。7月から機能を広げ、低層から中層の建物に設置できるようにした。マンションやオフィスの需要を取り込む。

 非接触ボタンは、4月に発売した標準型エレベーターに初めて導入した有償付加機能。ボタン横のセンサーに手をかざせば、直接触れずに昇降や停止する階を指示できる。
 当初は食品工場や研究施設向けを想定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で非接触への関心が高まり、引き合いが急増。従来は6階まで設置可能だったが、新たに12階まで対応させ、ホテルや商業施設などでも導入しやすいようにした。