関西六大学野球代替試合日程

関西六大学野球代替試合日程

 関西六大学野球連盟は2日、新型コロナウイルスの影響で延期していた春季リーグ戦を中止し、クラブ活動停止中の京産大を除く5校による代替試合を13日から行うと発表した。リーグ戦の中止は初めて。

 京産大によると、3月30日から全ての課外活動を停止している。硬式野球部は6月30日、連盟にリーグ戦の辞退を申し入れた。勝村法彦監督は「今は大学の方針に従い、感染予防に努める。1日でも早い活動再開を目指し、オンラインのトレーニングなどできることをしっかりやりたい」と話した。
 龍大など5校は先月中旬以降、感染防止策を講じながら練習を再開している。各チームから試合開催を求める声があったといい、連盟の森川敏朗理事長は「どんな形でも願いをかなえてあげたかった」と語る。
 代替試合は計10試合。記録は非公式で、順位も決めない。連盟が策定した新型コロナ対応のガイドラインの下、原則無観客で実施する。第1節(13、14日)と第2節(20、21日)は皇子山球場、第3節(27、28日)はほっともっとフィールド神戸で行う。