マダニ(国立感染症研究所ホームページより)

マダニ(国立感染症研究所ホームページより)

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、SFTSウイルスを保有するマダニにかまれることで感染する。潜伏期間は5日~2週間で、発熱の他に下痢や嘔吐などの症状が現れる。血小板や白血球の減少も認められる。

 国立感染症研究所によると、2013年~19年11月までに国内で感染した492人のうち、約14%にあたる69人が死亡した。対症療法しかなく、有効な薬剤やワクチンはないという。空気感染や飛沫感染の報告はないが、患者血液への直接接触による感染例はあるという。