気象庁

気象庁

 大阪管区気象台は3日、梅雨前線上の低気圧が通過する影響で、3日夜から4日昼前にかけて、近畿地方は局地的に雷を伴った激しい雨のおそれがあるとして、土砂災害や低地の浸水などに注意を呼びかけている。

 4日正午までに予想される24時間雨量は多いところで、

京都 南部100ミリ 北部70ミリ

滋賀 100ミリ

大阪 100ミリ

兵庫 南部120ミリ 北部70ミリ

奈良 北部100ミリ 南部150ミリ

和歌山 200ミリ

 京都府や滋賀県で今年一番の雨量となった6月18日~19日には、滋賀県甲賀市で110ミリの雨が降り、同市信楽町で土砂崩れが発生して民家に被害が出た。