寄付するともらえる「本能寺の変 お知らせはがき」と、市外の人に贈る福知山光秀ミュージアムなどの入場券の見本(福知山市内記・市役所)

寄付するともらえる「本能寺の変 お知らせはがき」と、市外の人に贈る福知山光秀ミュージアムなどの入場券の見本(福知山市内記・市役所)

 京都府福知山市は、福知山光秀ミュージアムの展示充実などを目的とした寄付金の募集を、ふるさと納税サイト「さとふる」で始めた。目標額は321万1千円で、寄付者には本能寺の変をテーマにしたインターネット投票で人気を集めた「本能寺の変 お知らせハガキ」を贈る。

 5月に実施した本能寺の変の原因を選ぶ「総選挙」では、全国と海外から3万票以上が集まった。行政機関からの通知を模して「謀反に関する大切なお知らせ」などと記したはがきの当選倍率は約240倍だった。
 投票者らから、はがきを希望する声や「コロナが落ち着いたら福知山に行きたい」といった意見があり、多くの人に光秀や福知山のファンになってもらおうと、今回の企画につながった。
 寄付金は同ミュージアムの展示の充実のほか、新型コロナウイルス感染防止対策を実施した歴史講座、市内やオンラインでのPR活動など全て光秀に関する事業に使われる。
 お知らせはがきは寄付1回につき1枚贈る。福知山市民が寄付者の場合ははがきのみ、市外の人の場合ははがきに加え、福知山市の観光パンフレット、福知山城と福知山光秀ミュージアムの無料入場券が贈られる。
 寄付は3千円から受け付け、期間は8月31日まで。問い合わせは市秘書広報課0773(24)7090。