初不動でがん封じの笹酒を振る舞われる参拝者(28日午前10時、京都市左京区・狸谷山不動院)

初不動でがん封じの笹酒を振る舞われる参拝者(28日午前10時、京都市左京区・狸谷山不動院)

 京都市左京区一乗寺の狸谷(たぬきだに)山不動院で28日、恒例の初不動が営まれた。雪が残る境内で、がん封じに御利益があるという笹酒(ささざけ)が振る舞われ、訪れた参拝者が無病息災を願った。

 本尊の不動明王の縁日が毎月28日で、年初めの1月は初不動として親しまれている。笹酒は、約300年前に木食(もくじき)上人が、修行する滝の水を青竹の筒に入れて病人に飲ませたところ、病がたちどころに治ったという故事にちなんでいる。

 この日、参拝者は白い息をはずませながら長い階段を登った後、山伏姿の修行僧から温かい酒を注いでもらった。学生時代を京都で過ごしたという山口県の女性(60)は「竹の香りが気持ちよく、力をもらえた」と笹酒を味わっていた。