【資料写真】海自舞鶴・北吸桟橋

【資料写真】海自舞鶴・北吸桟橋

 7日午後9時20分ごろ、京都府舞鶴市北吸の海上自衛隊舞鶴北吸桟橋に停泊していた多用途支援艦「ひうち」(980トン)で、油圧機器室内から出火しているのを乗員が発見し、消火した。舞鶴地方総監部によると、けが人はなく、任務に影響はないという。

 同総監部によると、油圧機器室は同艦が搭載するクレーンなどを制御する機器があるといい、出火原因を調べている。