4日、米ニューヨークで開かれたホットドッグの早食い大会で、新記録を樹立し優勝した須藤美貴さん(AP=共同)

 4日、米ニューヨークで開かれたホットドッグの早食い大会で、新記録を樹立し優勝した須藤美貴さん(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米独立記念日の4日、ニューヨークで恒例のホットドッグの早食い大会が開かれた。女性の部で米国在住の須藤美貴さん(34)が規定の10分間で大会新記録となる48個半を食べて優勝、2014年の初優勝から7連覇を果たした。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため屋内での無観客開催となり、米テレビが中継した。参加者同士が透明な板で区切られた会場で、須藤さんは自己記録の41個を大幅に更新。優勝が決まると「家から応援してくれた皆さんに感謝している」と笑顔で話した。

 男性の部ではジョーイ・チェスナットさんが、大会新記録で13回目の優勝を果たした。