京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は5日、京都府内は梅雨前線の影響で6日明け方から7日にかけ、雷を伴った激しい雨となり、大雨になるおそれがあると発表した。7日午後6時までの48時間に、多いところで府南部150~250ミリ、府北部100~150ミリの雨量を予想しており、土砂災害に十分注意するよう呼びかけている。

 気象台によると、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れこみ、大気の状態が不安定になる。前線の活動が活発化し、積乱雲が発達する。府南部は6日朝から、府北部は6日夕方から、警報級の大雨になる可能性があるという。

 京都府内は、今月3~4日にかけて長岡京市で103ミリ、京都市中京区で95ミリ、京田辺市で78.5ミリの雨が降っており、地盤が緩んでいる場所がある。気象台は、土砂災害のほか、浸水害や突風、落雷への注意を促している。

 彦根地方気象台も5日、滋賀県で6日から大雨になると気象情報を発表した。7日午後6時までの48時間雨量は、多いところで150~250ミリになると予想し、大雨警報を発表する可能性があるとしている。