近江鉄道で8月1日にデビューする新車両「300形」(滋賀県彦根市・彦根駅)

近江鉄道で8月1日にデビューする新車両「300形」(滋賀県彦根市・彦根駅)

 近江鉄道(本社・滋賀県彦根市)に8月1日、新たな鉄道車両「300形」がデビューする。かつて西武鉄道で走っていた車両で、琵琶湖のイメージの青色に車体を一新した。営業運転開始を前に7月23、26両日に試乗会(募集終了)も行う。

 300形は、親会社の西武鉄道の池袋線などを1980年代から走っていた主力列車「3000系」を譲り受け、6両編成を2両に改造した。車両を青色に塗り替え、前面と側面の行先表示器に見やすい白文字LEDを採用。車内の乗降扉上にも行先の表示器を設置した。
 試乗会の臨時列車は両日とも午後0時50分に彦根駅を出発し、八日市駅で折り返して午後3時25分に戻ってくる。途中の駅で記念撮影するほか、近江鉄道の1日乗り放題券を兼ねた記念乗車証をプレゼントする。記念グッズの先行販売も行う。