上京消防署(京都市上京区)

上京消防署(京都市上京区)

 新型コロナウイルスの感染防止で京都市消防局が職員に対し懇親会の上限人数を「5人程度」などと内部通知で求めているにもかかわらず、市上京消防署の署員15人による懇親会が6日に開かれたことが、同署への取材で分かった。同署は通知違反の行為に当たるとしている。

 市消防局は6月11日付の通知で、懇親会についておおむね5人程度の「少人数」であれば開催しても差し支えないとする一方、それ以上の規模は「引き続き自粛」を求めている。また、一つの部署から大勢の感染者が出て業務が継続できない事態を避けるため、「同一ラインの全職員が同じ会に参加することのないよう注意してください」とも呼び掛けている。

 同署によると、懇親会は、4月に開催できなかった歓送迎会を兼ねた催しで、市内の飲食店で6日午前11時半から午後2時まで開催。非番だった課長ら15人が参加した。参加者は3交代制のうちの一つの班で、「同一ライン」の職員だった。同署の聞き取りに対し、参加者の1人は「緊急事態宣言も解除され、(自分たちとしては)少人数なので問題ないと思った」と話しているという。同署は「この懇親会は通知に違反している。市民の生命と財産を守る消防署員としてあるまじき行為」としている。