テーブルやドアノブなどに付いた新型コロナウイルスの消毒には、住居用の洗剤も使える。主成分の「界面活性剤」の一部が新型コロナに有効であることが、国の調査で確かめられた。

 6月26日時点で有効性が確認された界面活性剤は「アルキルグリコシド」や「純せっけん分(脂肪酸カリウム)」など9種類で、住居用やトイレ・浴室用と幅広い製品に含まれる。界面活性剤の種類は製品ラベルで確認を。表示された使用方法通りに使おう。

 台所用の洗剤も薄めれば消毒に使える。濃度は水500ミリリットルに対し洗剤小さじ1杯(5グラム)が目安。薄め液を布などに染み込ませて拭き取る。拭いて5分ほどしたら、水拭きと仕上げのから拭きをする。薄め液は作り置きせずに毎回使い切る。

 有効な製品の一覧は、製品評価技術基盤機構(NITE)のホームページに掲載されている。いずれも物の消毒が対象なので、手指には使わないこと。