新型コロナウイルスが付着した手で目、鼻、口に触ると感染の恐れがある。それを心配してか、買い物などの外出時に手袋をする人もいるが、世界保健機関(WHO)は「手袋をした手で顔を触れば同じこと。感染予防には、素手をせっけんで小まめに洗う方が効果的」と注意を促している。

 米疾病対策センター(CDC)も外出時の手袋着用は「必要ではない」とする。「手袋着用が勧められるのは、家を清掃するときと病気の人をケアするとき」と明快だ。

 普段の清掃、消毒時は洗剤や消毒薬に書いてある注意書きに従うこと。刺激が強い薬剤もあるので、手袋をすれば手荒れを防ぐことができる。換気にも気を配りたい。手袋を外した後はせっけんで手洗いをする。

 家で病人をケアする際の手袋は、感染源になる可能性があるので使い捨てにする。寝床周辺の清掃、消毒時や、病人の体液に触れる際は必ず着用を。手袋を外した後、せっけんで手を洗う点は同じだ。