大雨で濁流となった鴨川(7月7日午前、京都市左京区の葵橋付近)

大雨で濁流となった鴨川(7月7日午前、京都市左京区の葵橋付近)

 京都・彦根の両地方気象台は7日夕、梅雨前線が西日本に停滞する影響で、7日夜の遅くから8日昼頃にかけて雨が強まるとし、土砂災害への警戒を呼びかけた。滋賀県の大津・彦根・長浜・米原・高島・多賀の6市町に大雨警報が発表された。この大雨は9~10日にかけて強まったり弱まったりを繰り返しながら続く見通しという。

  京都市によると6日と7日、左京区と北区の山間部2カ所で小規模な土砂崩れが発生した。民家への被害や孤立集落はないという。

 気象庁や京都府、滋賀県によると、7日午後5時までの48時間雨量は、米原市甲津原で283ミリ、大津市伊香立途中町で176ミリ、京都市左京区貴船で169ミリ、左京区大原で144ミリ、南丹市美山町佐々里で103ミリ。

 さらに9日午後6時までの48時間に、多いところで府南部220ミリ、府北部150ミリ、滋賀県270ミリの雨を予想しており、今回の雨による総雨量は300ミリを超える可能性がある。

 5日から長時間にわたって雨が降り続いているため、土中の水分量が増えており、少ない雨でも土砂崩れのおそれが高まっている。また、7日夜遅くから8日にかけての時間雨量は、京都府30ミリ、滋賀県40ミリの激しい雨を予想しており、浸水害にも注意が必要になっている。