大雨で増水した鴨川。土砂崩れが起こった2カ所はこの上流にあたる(7月7日朝、京都市北区の庄田橋付近)

大雨で増水した鴨川。土砂崩れが起こった2カ所はこの上流にあたる(7月7日朝、京都市北区の庄田橋付近)

 京都市によると、6日と7日、京都市左京区鞍馬貴船町と北区雲ケ畑の2カ所で、小規模な土砂崩れが起こっているのが見つかった。7日午後6時現在、府道2路線が通行止めになっている。民家への被害や孤立集落はないという。

 京都府によると、7日午後6時までの48時間に、左京区鞍馬貴船町で169ミリの雨が降っていた。京都地方気象台は、土中の水分量が増えていることから、8日にかけて少量の雨でも土砂災害になる危険性があるとして、警戒を呼びかけている。