滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県によると、8日午前6時すぎ、長浜市を流れる姉川と高時川が氾濫危険水位を超えた。氾濫や堤防決壊による浸水害のおそれがあるとして、警戒を呼びかけている。氾濫危険水位は、4段階ある警戒レベルのうち危険度が一番上の状況。

 気象庁によると、降り始めからの雨量は午前8時20分現在、上流域にある長浜市柳ケ瀬で243ミリに達している。